【お客様の天文台・機材紹介コーナー】

 [その7:2014年7月31日掲載]
 お客様が撮影した天の川とアイソン彗星の画像です。撮影に使用されている中古レンズを販売させて頂きました。
  • カメラ:Nikon D800(ISO:1000、露出:30s)
  • レンズ:AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED 絞りF1.4開放
  • 撮影地・日時:鳩間島(沖縄県) 2014年7月17日


  • カメラ:Nikon D800
  • レンズ:Ai Nikkor ED 300mm F2.8S New
  • 撮影日時:2013年11月16日


 [その6:2013年6月19日掲載]
 石川県のお客様よりED屈折用フィールドフラットナー(笠井トレーディング製)の作例画像が届きました。1枚目がフラットナーなし、2枚目がフラットナー使用です。周辺像のボケや流れが見事に補正されているのがわかります。3枚目は観測室内に設置された機材です。(画像をクリックすると大きく表示されます。)
  • 鏡筒:Orion ED80T CF fl.480mm F6
  • カメラ:Canon EOS Kiss X6i SEO-SP3C
  • 光害カットフィルター:Astronomik EOS Clip CLS-CCD
 笠井トレーディングのED屈折用フィールドフラットナーはF6~7のED屈折に適合し、2インチスリーブに差し込んでTリングを接続するだけで撮影できます。Astronomik EOS Clip CLS-CCD フィルターも取り扱っています。






 [その5:2013年4月27日掲載]
 栃木県のお客様よりオーロラの画像が届きました。2枚目にはパンスターズ彗星も写っています。当店より通販でお買い上げ頂いた Canon EOS 5D Mark II での撮影です。フルサイズ機による素晴らしい描写をご覧下さい。(画像をクリックすると大きく表示されます。)




 [その4:2013年1月19日掲載]
 宮崎県のお客様より画像が届きました。当店より通販でお買い上げ頂いた国際光器ヘラクレス赤道儀などの機材を所有されています。鏡筒には湿気(光学系のカビ)対策の乾燥剤が装着されているのがわかります。皆さんもぜひ参考にして下さい。



 [その3:2012年12月18日掲載]
 静岡県のお客様より自宅天文台の画像が届きました。新機材でリニューアルオープンしたばかりです。ニッシン製2.8mドーム内にロスマンディG-11赤道儀が設置されています。鏡筒は惑星観望が念頭に置かれ、笠井トレーディングBLANCA-130EDT(口径130mm F6.9 3枚玉アポクロマート屈折)、ALTER-7P(口径180mm F15マクストフカセグレン)、NERO-200DX(口径200mm F6ニュートン反射)を所有されています。天文台のリニューアルにあたり、当店にて旧機材一式を出張買取させて頂きました。また、新機材の1つであるBLANCA-130EDTをお買い上げ頂きました。



 [その2:2012年12月13日掲載]
 栃木県のお客様よりケアンズ日食の画像を送って頂きました。ポルタII経緯台とボーグを使った撮影システムを駆使し、揺れや振動のある船上で見事にコロナを捉えています。当店より通販でポルタII経緯台、マルチプレート、300mmフレキシブルハンドル(何れも中古品)をお買い上げ頂きました。



 [その1:2012年12月8日掲載]
 石川県内にある、お客様の自宅天文台です。見晴らしの良い素晴らしい環境のようです。ドーム(ニッシン製)の中に笠井トレーディングGINJI-250Nと旭精光製の赤道儀(E-ZEUS搭載)が据え付けられています。 当店よりGINJI-250Nをお買い上げ頂きました。また、GINJI-250Nを赤道儀に搭載するためのプレートも製作させて頂きました。